秋葉原の魅力を発信! 観光を窓口に異業種連携を促進、新産業創出や新しい文化創造を支援します。
NPO法人 秋葉原観光推進協会
 
協会について
 設立趣旨
 役員構成
 定款
 法人会員一覧
 活動計画
 活動実績
 他の地域との連携
 プレス情報
 事務局案内
 採用情報
 
会員募集
 会員種別と会費
 お申し込み(法人)
 お申し込み(個人)
 入会に関するFAQ
 ボランティアについて
 
おすすめ情報
 
おすすめリンク
 
トップページ活動計画 > 活動計画レポート(8)
 
活動計画

2009年国慶節(10月)に向け「秋葉原合同売出し」企画中

NPO法人秋葉原観光推進協会は秋葉原電気街振興会、秋葉原駅前商店街振興組合の外国人向け売り出しに観光庁が推進する「Visit Japan Year」と連携を推進しています。在日外国人への告知や訪日外国人招致活動など日本政府観光局が行う予定の施策に連動して効果ある地域活性化を行います。


観光庁報道発表(2009/06/19)

2010年に訪日外国人旅行者数1,000万人を達成することを目標とし、現在、官民一体となって日本の観光魅力の海外発信や魅力的な訪日旅行商品の造成支援等を行うビジット・ジャパン・キャンペーン(VJC)の取組みを進めております。
訪日外国人旅行者数については、昨年後半からの世界的な景気低迷等の影響を受けて、厳しい状態が続いておりますが、2010年に外部環境が改善した際に確実に外国人旅行者を獲得すべく、またVJCの一つの区切りとして日本全国の機運を盛り上げるべく、2010年を「Visit Japan Year」(VJY)として位置付け、訪日外国人向け集中キャンペーンの設定等を行い、民間企業、自治体、関係省庁等との連携により、なお一層の外国人旅行者の誘客促進を図ることとしております。

昨年新聞広告
昨年新聞広告

観光庁発表資料
観光庁発表資料

 
サイトマップ | サイトポリシー | お問い合わせ