秋葉原の魅力を発信! 観光を窓口に異業種連携を促進、新産業創出や新しい文化創造を支援します。
NPO法人 秋葉原観光推進協会
 
協会について
 設立趣旨
 役員構成
 定款
 法人会員一覧
 活動計画
 活動実績
 他の地域との連携
 プレス情報
 事務局案内
 採用情報
 
会員募集
 会員種別と会費
 お申し込み(法人)
 お申し込み(個人)
 入会に関するFAQ
 ボランティアについて
 
おすすめ情報
 
おすすめリンク
 
トップページ活動実績 > 活動実績レポート(93)
 
活動実績

韓国青年訪日研修団

2014年最初の研修団が1月16日に韓国から来訪しました。ATPAは、外務省からの委託を受けて日韓の青少年交流事業を主事業としている日韓文化交流基金様の依頼により、韓国の大学生30名の視察を受け入れ、レクチャーと街歩きの2部構成で秋葉原の街について学んでいただきました。

今回の来訪に際し同基金より、韓国の学生は秋葉原に対してアニメやアイドルの聖地というイメージを持っているが、小さな電気部品を売る店舗が電気街の始まりであることや、現在は電気とポップカルチャー両方の魅力の発信による街づくりを行っていることを知って欲しいというご要望がありました。そこで、泉事務局長が地域横断型のATPAの取り組みを紹介し、木脇理事が秋葉原の歴史や日本の伝統文化が息づく現代のポップカルチャーについてレクチャーを行いました。

その後、2名の通訳案内士のガイドで、実際に街を見ていただきました。当日は入店の時間がなかったため、翌日の自由時間に再度訪問できるようメイドカフェや様々な店舗を紹介しました。学生は、レンタルショーケース、カード、おでん缶、ガチャポンなど見るものすべてに歓声を上げて楽しんでいました。

日韓文化交流基金様からの韓国学生視察受け入れのご依頼は2011年、2012年に続き3度目となります。韓国の若者の秋葉原に対する関心の深さが伺われます。

韓国青年訪日研修団

韓国青年訪日研修団

 
サイトマップ | サイトポリシー | お問い合わせ